新着情報

ニュース

2018年06月08日
株式会社富士クリーン 国内初の縦型乾式メタン発酵施設完成

株式会社富士クリーンは、NEDOプロジェクトにおいて、香川県綾川町の同社敷地内に国内初の縦型乾式メタン発酵施設を備えたバイオマスプラントを完成させた。今後試運転を経て、2018年10月より実証運転をスタートさせる予定。発酵槽は、縦型で、攪拌装置が不要なため、省スペースで省エネルギーだという。また、高温発酵により分解速度が速く、混合型系バイオマスに対応可能で、排水処理が不要という。処理能力は、1日に、73tの廃棄物を受け入れ、バイオマス生成量は約9500N㎥を見込んでいる。

 

同施設は、植物残渣や生活ごみ、家畜の糞尿などを原料に、国内最大規模である3000㎥のメタン発酵槽でバイオガスを生成する。生成したバイオガスは、ガス発電機と蒸気ボイラーによって、電気と蒸気に変換。自社内の施設で、回転機器などの駆動用電気や加熱用蒸気として有効に活用する。さらに、ガス生成の過程で排出される発酵残渣は、既存の焼却施設の補助燃料として利用される。

 

この取組みで、廃棄物の埋め立て処分を減らし、温室効果ガスの削減などの環境負荷を低減していく。