新着情報

ニュース

2018年07月30日
沖縄県与那国町 新ごみ焼却施設建設へ

沖縄県与那国町は、新しいごみ焼却施設を本年度中に着工し、2021年4月に稼働させたいとしている。同施設は、約7000㎡の敷地に、850~950℃の炉を設置し、廃プラスチック類や漂着ごみの焼却にも対応する。処理能力は、5t/日(8時間稼働)。総事業費は約29億円で、防衛施設周辺対策事業により、国が9割を負担する。

 

これまで、同町の焼却ごみは、最終処分場にて埋立処分していた。処分場の容量が残り30%ほどとなっており、今後、掘り起し作業を行い、新施設で1日に30%分合わせて焼却処理することで延命化を図るという。

tstock
ドライバーズキャリア
不法投棄撲滅SNS「ミハリバン」一般社団法人NIPPONごみゼロプロジェクトが運営しています。

MY エコノハログインはこちら

産業廃棄物処理業者様の集客アップから産業廃棄物業界の様々な問題解決までエコノハは産廃処理業者のサポーターです。

評価ランキング

イベントカレンダー

     

エコノハからのお知らせ