新着情報

ニュース

2018年08月09日
愛媛県 西日本豪雨の災害廃棄物53万t

8月6日、愛媛県は、7月に発生した西日本豪雨によって排出された災害廃棄物は約53万t、処理費用は約140億円と推計したと発表した。中でも家財や建物の解体で発生する建設廃棄物だけで172,471tに上り、同県の一般廃棄物の年間排出量の40%弱に相当するという。6日現在、これらの災害廃棄物は、6市町14カ所の仮置き場に保管されている。

 

浸水被害が最も大きかった大洲市で排出された廃家財は、74,688t。廃棄物混入土砂は県全体で357,068tで、宇和島市の142,970tが最も多かった。今後廃棄物混入土砂は、分別後、復旧工事などに活用される予定。工事費用などは、市町で2.5%を負担し、その他を国の補助及び、特別交付税でまかなう。同県は、2019年6月までに全廃棄物の処理を完了したいとしている。

ドライバーズキャリア
不法投棄撲滅SNS「ミハリバン」一般社団法人NIPPONごみゼロプロジェクトが運営しています。

MY エコノハログインはこちら

産業廃棄物処理業者様の集客アップから産業廃棄物業界の様々な問題解決までエコノハは産廃処理業者のサポーターです。

評価ランキング

イベントカレンダー

     

エコノハからのお知らせ