新着情報

ニュース

2018年09月19日
オランダ 使用済み紙おむつをリサイクル

オランダで、使用済みの紙おむつからプラスチックを取り出し、植木鉢などに再生する工場の建設が始まった。オランダでは、年間約14万4000tのおむつが捨てられている。

 

同工場の場所はオランダ中部のウールトで、エネルギー企業ARNが運営する。処理能力は年間約15000tを予定している。高圧蒸気を使用し、紙おむつに含まれるプラスチック化合物と糞尿を分離するという。まず、40バールの圧力で250℃まで加熱し、液化させる。その後冷却し、プラスチック化合物の粒を浮き上がらせ、残りの内容物と分離する。分離後のプラスチックは造粒機を使用し顆粒化し、ガスを生成す汚水は発電所の燃料や肥料にリサイクルする。残りは下水処理場に送るという。

 

tstock
ドライバーズキャリア
不法投棄撲滅SNS「ミハリバン」一般社団法人NIPPONごみゼロプロジェクトが運営しています。

MY エコノハログインはこちら

産業廃棄物処理業者様の集客アップから産業廃棄物業界の様々な問題解決までエコノハは産廃処理業者のサポーターです。

評価ランキング

イベントカレンダー

     

エコノハからのお知らせ