新着情報

ニュース

2020年07月07日
国内で循環 アルミ缶リサイクル率97.9% 輸出量増加

6月19日アルミ缶リサイクル協会は、飲料用アルミ缶の2019年度リサイクル率が前年度比4.3ポイント増の97.9%になったと発表。目標とする「90%以上の維持」を5年連続で達成し、直近10年間で最高を記録したという。しかしながら、国内で回収された使用済みアルミ缶の26%強が海外に流出していることが明らかに。協会は「国内資源循環の観点から憂慮する事態だ」として今後改善していかなければならない課題としている。

 

協会によると、2019年度のアルミ缶国内消費量は33万418トンで、そのうち32万3600トン(97.9%)がリサイクルが実現されている。一方、輸出に回った使用済みアルミ缶は前年度比1万7千トン増の約8万7千トンで、国内消費量の26%強を占めている。

 

高いリサイクル率の達成理由について、協会は「使用済みアルミ缶が需要旺盛な輸出に回ったことで、国内では把握できなかった数量が貿易統計により捕捉できた」と説明している。

ディスポ
ドライバーズキャリア
不法投棄撲滅SNS「ミハリバン」一般社団法人NIPPONごみゼロプロジェクトが運営しています。

MY エコノハログインはこちら

産業廃棄物処理業者様の集客アップから産業廃棄物業界の様々な問題解決までエコノハは産廃処理業者のサポーターです。

評価ランキング

イベントカレンダー

     

エコノハからのお知らせ