新着情報

ニュース

2020年07月13日
東京・羽村に食品廃棄物を原料とするバイオガス発電所が完成

東京都羽村市にある羽村バイオガス発電所は、同市内に食品廃棄物が原料のガスによる発電所を完成。1日80トンの食品廃棄物を処理でき、発電出力は毎時1100キロワット。7月中にも産業廃棄物処理業の許可を得たうえで操業し、10月にも発電を開始する予定。

 

各地から集めた食品廃棄物を分別処理してタンクにため、微生物に発酵させて作ったメタンガスで発電し、売電をしていくとしている。

 

同発電所はアーキアエナジーが企画し、総事業費は約35億円。
三井住友ファイナンス&リースなどが発電所と同名の特定目的会社に出資して事業を手掛け、アーキアエナジーの完全子会社が運営を担当する。

ディスポ
ドライバーズキャリア
不法投棄撲滅SNS「ミハリバン」一般社団法人NIPPONごみゼロプロジェクトが運営しています。

MY エコノハログインはこちら

産業廃棄物処理業者様の集客アップから産業廃棄物業界の様々な問題解決までエコノハは産廃処理業者のサポーターです。

評価ランキング

イベントカレンダー

     

エコノハからのお知らせ